スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
キャラクターを起用しているPOP

JPEG11_convert_20081006210930.jpg 

  製品のセールスポイントはPOPによって訴えられ、購入時のきっかけになることは、これまでも述べてきた。この注目度をさらにアップするにはキャラクターの存在が大である。
 その会社のイメージキャラクターだったり、特定製品のキャラクターだったりと使い方はいろいろだが、一番のポイントは、キャラクターが登場することによって、その会社や製品がすぐにイメージできることだ。
 キャラクターは、自社で考え出したものやテレビなどでお馴染みのアニメキャラやタレントを起用するなど様々。キャラクターは、CMやイベント、各種印刷媒体に登場するなど、イメージ訴求には欠かせない。
 先日終わったばかりのオリンピック、ここにもキャラクターが大きく関わっている。活躍が期待される選手に大手のスポンサーがつくのはご存知の通り。キャラクターとして起用した選手が金メダルをとってくれれば、イメージアップ間違いなし! なのだから…。
 トリノオリンピック(冬季)で、荒川静香選手が金メダルをとった後、彼女のスポンサーだったお米の会社が、大きな売り上げをあげたことでもお分かりだろう。

スポンサーサイト
【2008/09/03 18:11】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。